~ノロが猛威、10年ぶりに「警報レベル」~

ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎が拡がっています。

最新の1週間の患者数は、10年ぶりに大きな流行を示す「警報レベル」を超えました。

国立感染症研究所によりますと、

今月18日までの1週間に全国の医療機関から報告されたノロウイルスなどによる感染性胃腸炎の患者の数は、

1医療機関あたり20.89人にのぼりました。1週間の患者数としては2006年以来の水準となり、

大きな流行を示す「警報レベル」の基準値を超えました。

この冬のノロウイルスは、遺伝子変異により、感染リスクが高まっている可能性があるということで、

厚生労働省は、手洗いなどを徹底して感染を予防するよう呼びかけています。

13ノロノットC 濃溶液 希釈用 500ml専用ボトル